■全日本山岳写真協会の活動について


●例会
月1回、東京池袋の豊島区生活産業プラザにて16時30分より開催しています。事務連絡、月例コンテスト、写真の勉強会、会員の山行報告、メーカーによる製品紹介等を行っています。


●月例コンテスト
隔月でカラーの部とモノクロの部を実施しています。会員の互選により順位を付け、年間の累計点で年度賞を決定します。作品の講評は、会員の中から過去の実績に基づいて選ばれた複数の「選考委員」が行います。年に2回は外部講師を招き、選考委員とは違った観点での講評、講話をお願いしています。地方会員は郵送による参加も可能です。

●撮影会
会員の親睦と撮影の技術の向上を目的に、年に3〜4回季節を変えて実施しています。ベテラン会員からアドバイスを受けたり、撮影スタイルを参考にする良い機会といえます。
撮影会で撮影した作品によるミニコンテストも実施しています。
<近年の撮影会>
2013年:黒百合平(1月)、吐竜ノ滝(6月)、千枚岳(10月)
、上高地新人歓迎撮影会・11月
2014年:横谷峡(1月)、乗鞍高原・上高地(6月)、立山(10月)、上高地新人歓迎撮影会・11月
2015年:上高地(1月)、渋峠・浅間山(6月)、尾瀬ヶ原(10月)、栂池高原新人歓迎撮影会・11月

●月報
B5判8ページの月報を毎月発行しています。内容は、例会のお知らせと報告、会員への連絡事項、月例コンテスト結果と講評、写真機材・技術の解説、撮影会報告、会員からの寄稿等です。全国の会員同士をつなぐ役割を担っています。

●全日本山岳写真展
当協会最大のイベントで、1992年以降は毎年9月に池袋・東京芸術劇場の展示ギャラリーで開催しています。(2011年は東京芸術劇場が改修工事のため、新宿・ヒルトピアアートスクエアで開催しました。)
会員の部、公募の部、小中校生コーナー等合わせて展示作品数400点という規模は、山の写真展としてはおそらく日本最大級と思われます。毎年見に来て下さる熱心なファンも多く、会期中は開場前から行列ができるほど好評を博しています。

●写真集「山稜」

毎年、全日本山岳写真展の作品を収録した写真集を自費出版しています。


上記の様々なイベントや写真集の制作等は全て会員のボランティアによって成り立っていることが当協会の特色であり、私たちの誇りでもあります。
積極的に会の運営に参加することで、自分の意見を反映させるチャンスが生まれ、充実した時間を過ごすことができます。



全日本山岳写真協会事務局
〒130-0026 東京都墨田区両国2-2-14 三木ビル202
TEL/FAX 03-3634-8030