■全日本山岳写真協会 沿革


全日本山岳写真協会は、山岳に関する写真、自然の写真を通して会員相互の親睦と、写真表現技術の向上、および一般写真文化の普及発展の一翼を担うべく設立されたプロ・アマ合同の全国組織の団体です。

昭和22年(1947年)、塚本閤治(故人、初代会長)、小合正勝(故人、元相談役)、等により創立。創立後、川崎吉蔵(故人、元山と溪谷社社長)を加え、当時の山岳写真界のリーダー的性格を明確にしました。その後、名称を日本山岳写真協会とし、1977年全日本山岳写真協会と改称しました。

写真展も創立と同時に第1回山岳写真展を桜田会館で開催。以後、第2回展を東京山岳写真同人と合同で開催し、会場も日本橋白木屋、小西六ギャラリー、京王百貨店等と変わり、年々実績を重ね、1964年度展より、東京新宿小田急グランドギャラリーにて開催され、この年より全国山岳写真愛好家に呼びかけ、公募部門を設け「全日本山岳写真展」として、プロ・アマ不問の全国規模の写真展となり多くの山岳写真愛好家の注目を集めるようになりました。1991年度展は池袋サンシャインシティで開催、創立45周年を迎えた1992年は山と溪谷社より写真集「山稜の四季」を発刊。以降、写真展を東京芸術劇場で開催。

現在、約350名の会員を擁しています。



全日本山岳写真協会事務局
〒130-0026 東京都墨田区両国2-2-14 三木ビル202
TEL/FAX 03-3634-8030